2005年12月21日

メール考

どんなツールも使う人次第。
ほんとにそう思う。

メールは便利。
早い。手軽。
ケータイメールはもっと便利。

私も使ってます。もちろん。

だけれど
しょせん
メールはメール。

相手にじかに会うこと
声を聞ける電話、そして
手書きのハガキや手紙にはかなわない。

メールで「伝わってる」と思うのは錯覚&妄想ですよ〜〜。
CMが上手に演出してるほどには伝わってません。
コミュニケーション力がまともにある人なら
もう気づいてることでしょうけど。

けれど、
メールばっかやってると
うっかりはまってしまって
そこになかなか
気づかなくなるもの。
あぶない。あぶない。

人と出会って「会えてよかった」と思ったり、
気持ちのこもった手紙やハガキを受け取ったことがある人には
よくわかる話(あたりまえ?)だと思う。

「所詮メールじゃ無理がある。」と。

世のなかには、いっつもメールしている人、いますね。

絶対、この瞬間じゃないと
絶対、今メールしなきゃ
伝わらない、なんてこと
そんなに多くはないと思うので

メールが早くて便利といっても
そう頻繁にする必要ない、と強く思う。

仕事上のは別ですよ。
あくまでプライベートの話。

道具があるからなんとなく使ってる、
間がもたないから
一人でいるのが寂しいから
「つながってる」という実感が欲しいから
メールする??
そういうのって多いんじゃないだろうか?

自分もはまりかけたことがあるから
よくわかる。
そのときは「しなきゃいけない」ような気がするんだよね。
でも、そんなことないのよ。それは錯覚。

また、
メールがなかったら生きていけない、とか言う人も
いるらしい。

そんなことないって〜〜。

もしほんとにそう思うなら
その人の人生は何かが決定的に欠けてます。

または
大事なことを見落としている。

メールの画面ばっか見て
現実の世界の
その人のそばにある
近くの人や物事を
見ていない。
感じてない。

そういうことでしょ。

…だけど、そんな風に生きている人、
メール依存症の人って多いかも。最近。

そして目にあまる数々の行動。

メールをする人間から見ても異常に思えるので
みなさん、気をつけましょうね。

以下、注意事項。

人と会うときに
目の前でメールに返事しないこと!

映画館でもう上映中なのに
ケータイを開けて
何度もメールチェックしないこと!
(暗い中で明かりがつくと目障り)

メールしながら
自転車に乗らないこと!
(自動車の運転〜〜?論外!)

などなど。

メールをする&受け取るときは
TPOを考えるべし。でしょ??

頻繁にする人ほど
マナーに注意すべきなんですね。

画面に集中するとき
自分が思ってるほど
回りに意識がいっていないこと、
周りの人や物事を無視していること、
もっと自覚しましょう。

メール至上主義は黄信号、と
museは心から思います。
posted by ミューズ at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10897299

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。